スポンサーサイト

  • 2017.03.28 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【遂にクラウドパワーがベールを脱ぐ】クラウド技術を用いた「Titanfall」のAIには複数のタイプが用意されている、Abbie女史が言及

    • 2014.01.21 Tuesday
    • 08:50
    「Titanfall」

    本日、Respawnのフロントマンとしてお馴染みコミュニティマネジャーAbbie Heppe女史がTwitterでファンの質問に応じ、オープンベータ実施の可能性やPC版に関する興味深い情報が明らかになった期待の新作シューター「Titanfall」ですが、その後もTwitter上でのやりとりが続いており、クラウド技術で駆動されることが判明している本作のAIについて興味深いディテールを明らかにしました。

    Abbie女史によると、本作に登場するAIの難易度や攻撃性に関する調整は行えないものの、AIには複数のタイプが用意されているとのこと。

    既に大量の映像が流出しているアルファテストの映像では、6vs6の12人対戦とはとても思えない密度の高い戦闘が繰り広げられている“Titanfall”ですが、敵プレイヤーとAI Botのキルに大きな取得ポイントの差が生じる本作において、クラウド技術を利用したAIにどんなバリエーションが用意されているのか、3月11日のローンチが迫る本作の動向と具体的なディテールに改めて注目が集まるところです。

    ソースhttp://doope.jp/2014/0131690.html
    技術的にはXbox360にもクラウドは使えるから
    と言うか性能が低いXbox360版にこそクラウド使って欲しい。
    クラウドを使ったAIの動きとそうでないAIの比較動画が楽しみ

    タイタンフォール2はマルチプラットフォームになるからPS4しか買わない日本のユーザーもタイタンフォールの字幕付き紹介動画を観ておきましょう。

    • 2014.01.08 Wednesday
    • 09:58
    トレイラーのセンスが好きです。
    ロボコップを思い出します。


    ストライダーはゼロ戦です。


    アーマードバルキリーを思い出す。 


    前回は無理矢理ガンダムにして紹介しました。
    今回はファーストインプレッションを大切に思うまま○○です。と書いてみました。


    この動画、PC版なのでしょうね。
    これがXbox360版だったら驚きなんですが...


    驚きと言えばスカイリムの初だしプレイ動画がXbox360版だった時は
    信じられませんでした。グラフィックが良過ぎて。


    GTA5の初だしプレイ動画もこれがPS3/Xbox360のグラか?
    って信じられなくてしばらく予約するのをためらってました。


    今回もそんな衝撃が欲しい。

    タイタンフォールの新しいトレイラーが到着しました。そうかこれは外国人が作ったガンダムゲーって事か!!

    • 2013.12.11 Wednesday
    • 08:55

    TITANには3種類のロボットが登場する事が解っている。
    今回の動画にはオーガとストライダーの紹介だ。

    オーガは力で圧倒するタイプ
    ストライダーはスピードで圧倒するタイプ

    なるほど選ぶロボットでも戦略が変わる訳か。

    となると残りのタイプは重火器を沢山積んだ
    いわゆる「ガンタンク」タイプか?
    まあこちらは2足歩行で確定してますが

    ストライダーがガンダム
    オーガがガンキャノン
    もう1つがガンタンク

    でタイタンをフォールさせる機体が木馬か...

    そう言えば兵士がバックパックと壁を使って戦場を縦横無尽にかける姿は
    ガンダムのラスト、アムロとシャアの肉弾戦に通じる物がある。

    ...やはり、かのちでもガンダムはロボットの基本か...

    『タイタンフォール』には日本に対するリスペクトが随所に盛り込まれている【TGS2013】

    • 2013.09.20 Friday
    • 08:55
     

    ●タイタンのデザインのモチーフになったのはエイブラハム戦車

     2013年9月19日〜22日(19日、20日はビジネスデイ)、千葉県・幕張メッセにて、東京ゲームショウ2013が開幕。現状発表されているXbox One用ソフトの中でも、記者がいまもっとも期待する1本『タイタンフォール』。同作の開発を担当するRespawn Entertainmentのコミュニティーマネージャー、アビー・ヘップさんに取材する機会を得た(どれくらい期待しているかは、こちらの記事を参照のこと⇒記事はこちら)。お忙しい身ゆえに与えられた時間は15分。渾身の力を込めて、聞きたいことを聞いちゃいました! ちなみに、アビー・ヘップさんは、コミュニティーマネージャーとしてPRやマーケティングを担当するほか、『タイタンフォール』では、声優とモーションキャプチャーを担当。演じたのは、トレーラーで赤いバンダナを巻いているサラという女性だという。


    TAK_5901

    ▲コミュニティーマネージャー、アビー・ヘップさん。『タイタンフォール』では声優とモーションキャプチャーを担当。軍人さんでもおかしくない雰囲気を醸し出している。

    ――そもそもどのような経緯で『タイタンフォール』を作ることになったのですか?
    アビー 最初にRespawn Entertainmentを立ち上げるときに、プログラマーの人たちがとりあえず、プロトタイプを作ってみたんです。最初は追いかけっこをするゲームが作りたくて、いろいろな実験を重ねていったのですが、結果としていまのようなゲームができあがった感じですね。タイタンというメカが自然に進化していった感じです。

    ――なぜロボットを入れることになったのですか?
    アビー 最初は、メカではなくて、戦士が装着するアーマーを予定していました。ところがある日アーティストが、実際に作ったアーマーの隣に16分の1のフィギュアを置いたところ、「大きなロボットを登場させたらおもしろいのではないか?」と閃いたんです。大きなメカを操作するのも楽しいし、スケール遊びも楽しいのではないかということでロボットを入れることにしたんです。

    ――とはいえ、タイタンと戦士が戦うとなると、バランス調整もたいへんだったのでは……と思うのですが。
    アビー 戦士とメカの戦いなので、バランス調整は細かいところまで気を配っています。ふつうのFPSとはちょっと違ったマップ作りを心がけています。大きなタイタンもちゃんと動けて、さらに小さい戦士でもちゃんと戦えるようなバランスを完璧に取ろうというのを目標に掲げています。

    ――gamescomと東京ゲームショウで、試遊できたマルチプレイヤーのマップは同じものでしたが、マルチプレイヤーのマップは何種類くらいあるのですか?
    アビー 現時点では具体的な数字はお答えできないのですが、けっこうな数がありますよ。ちなみに、E3で披露したマップは“フラクチャード”、gamescomと東京ゲームショウでは、“エンジェルシティー”というマップをお見せしています。

    ――マルチプレイだと、時間が来ると、タイタンを操作できるようになるのですが、何か条件があるのですか?
    アビー タイタンは時間が来ると操作できるようになります。現時点では2分間で設定しています。それが上手なプレイをすると、時間は短縮されるようになっています。

    ――なぜ、マルチプレイでは、タイタンを常時乗れるようにはしなかったのですか?
    アビー デザインチームがバランスをとって決めました。いろいろなテストプレイをしていると、戦士として遊んでほしい部分もありますし、タイタンでも楽しんでいただきたいということで、時間設定を設けることにしました。

    ――タイタンのデザインがかっこいいですが、どのようなことを心がけましたか?
    アビー 世界観に関しては、さまざまなコンテンツからインスピレーションを受けました。とくに70年代〜80年代のSF映画の影響が大きいですね。タイタン自体は、アメリカのエイブラハム戦車を見て、「これをモチーフにしたらかっこいいのでは?」ということでデザインしています。ちなみに、アーティストの人たちはプログラムをするだけではなく、スケールで実際にモデルも作っているんですね。「絵空事ではなくて、実際に作れるものを……」ということでデザインしています。

    ――本作は、PCとXbox OneとXbox 360だけで出しますが、マルチ展開しない理由は?
    アビー まずは、マイクロソフトさんとの関係が非常に良好ですごく助かっています。Xbox OneとXbox 360で出そうと思った理由は、クラウドというのが大きいです。クラウドに処理などの一部を負担してもらうと、ハード側でよりたくさんのことができる。サーバーの負担もなくなるのもメリットが大きいです。

    ――PCとXbox OneとXbox 360では同じサーバーでプレイできる?
    アビー 専用サーバーはすべてマイクロソフトに用意してもらっていますが、いっしょにはプレイできないですね。

    ――専用サーバー以外にクラウドはどのような活用を?
    アビー 私はエンジニアではないので、説明しづらいのですが(笑)、簡単に言いますと、一部にクラウドを負担してもらっています。ゲーム内のAIや物理処理などをクラウドに負担してもらうことによって、実際のマシンにかかる負担が軽くなるんです。私はなかなか説明できないのですが、Respawn Entertainmentの公式サイトでは(⇒サイトはこちら)、開発者が細かい記事を書いているので、ご覧になってみてください(もちろん英語です)。

    ――最後に、『タイタンフォール』を楽しみにしている、日本のファンにメッセージをお願いします。
    アビー 私たちは日本が大好きです。お見せしているマップをご覧いただけばわかりますが、日本の商品などがたくたん出てきますし、日本からインスピレーションを受けています。ゲームの中に出てくる武器のメーカーのひとつは、実際に日本に存在している会社でして、ゲーム内ではその会社のロゴを使っています。日本に対するリスペクトが随所に盛り込まれているんですよ。日本人の皆さんに『タイタンフォール』を遊んでいただきたいです。

     日本の対するリスペクトかあ〜、記者が『タイタンフォール』にシンパシーを感じる一端が何となくわかったような気がした。さて、残念ながら新規ビジュアルなどはない模様。このままで終わるのも何なので、E3時に紹介されたトレーラーをお届けしよう。映像の途中ででてくる、赤いバンダナの女性が、アビーさんが演じたサラだと思われる……。


    ソース http://www.famitsu.com/news/201309/20040348.html

    『Project Spark』って意外と簡単かも!? Kinectでモンスターになりきれる

    • 2013.08.23 Friday
    • 23:54

    ●気軽に作れて、奥深く楽しめる

    Project Spark/DSC_0223_R

    ▲マイクロソフトスタジオのゼネラルマネージャ、デイブ・マッカーシー氏(右)と、エグゼクティブプロデューサーのサックス・パーソン氏(左)。

     2013年8月21日〜25日(現地時間)、ドイツ・ケルンメッセにて欧州最大のゲームイベントgamescom 2013が開催中だ。会期中には、マイクロソフトによるXbox One、Xbox 360、PC向けソフト『Project Spark』のプレゼンが行われた。

     正直に告白すると、E3で披露されたXbox One用ソフトの中でも、記者にとってあんまり興味がなかったのが『Project Spark』だ。「どんなゲームでも思うがままに作れます」という、『Project Spark』だが、その楽しさがピンとこなかったのだ。もちろん、欧米ではこの手のUGC(ユーザー生成コンテンツ)の人気が高いことはわかっているが、ものぐさ太郎の記者には、「どうやって楽しんだらいいのかしら……」というのが印象だった。

     それが、「あれ? けっこうおもしろそうだな?」と感じたのは、gamescomでお披露目されたKinect対応のフィーチャーを見たとき。端的に言うと、主人公やモンスターの行動パターンおよび音声をKinectで取り込んでゲーム中で再現することができるのだ。つまり、「モンスターをこう動かしたい!」と思ったら、Kinectの前でアクションすればいいというわけ。なんて便利な! 実際のところ、プレゼンを担当したマイクロソフトスタジオのゼネラルマネージャ、デイブ・マッカーシー氏がノリノリでモンスターの演技をしているのを見ると、つい笑ってしまった。「これならぼくでもできるかも!」と思った次第。


    Project Spark/DSC_0195_RProject Spark/DSC_0200_R

    ▲身振り手振りでアクションをつけて、音声も収録できる。まさに、モンスターになりきれる!?

     ちなみに、なんとなく難しそうに感じられる『Project Spark』ではあるが、随所に間口を広げる試みが用意されている。“Crossroad”はそのひとつで、エグゼクティブプロデューサーのサックス・パーソン氏いわく「いわばクイックゲームメーカーと呼べるもので、ゲームの環境やキャラクター、ストーリーがすでにある程度できあがっている状態です」とのこと。もちろん、ほかのプレイヤーが作ったゲームを自己流にアレンジして楽しむ……といったことも可能。超初心者から上級者まで、それこそ幅広い層で楽しめるのが『Project Spark』のようだ。「まずは気軽に遊べて、触れば触るほどさらに楽しめるゲームになっているんだろうな」と、印象ががらりと変わった、『Project Spark』でした。

    [関連記事]
     『Project Spark』は、どんなゲームも思うままに作れる“クリエイター魂”を刺激される一作!


    Project Spark/DSC_0171_RProject Spark/DSC_0212_R

    ▲気軽にマップを作れる(左)。主人公が歩いたあとは緑になる……といったスキルを付与することも(右)。いろいろな可能性が広がりそうだ。

    Project Spark/DSC_0185_RProject Spark/DSC_0186_R

    ▲極めて興味深いのが“Brain Gallery”。こちら、いわばAIのデータベースのようなもので、任意の行動を組み合わせてモンスターなどのパターンを作成する。何か、楽しそう。

    Project Spark/Project_Spark_GC_Screen_02Project Spark/Project_Spark_GC_Screen_04
    Project Spark/Project_Spark_GC_Screen_05
    Project Spark/Project_Spark_GC_Screen_06Project Spark/Project_Spark_GC_Screen_07Project Spark/Project_Spark_GC_Screen_08
    ソースhttp://www.famitsu.com/news/201308/23038829.html

    【バツイチ、箱○、PC】プレイヤーが自由に「KNA◯K、スカ◯リム、アン◯リーバード、タワーディフェンス系、ソニ◯ク」の様なゲームを作れるゲームって知ってる?そんなゲームの動画来ました。レベル高すぎ!

    • 2013.07.22 Monday
    • 12:56





    債務超過4
    バツイチのゲーム作ってくれる所が少ないから
    ユーザーに作らせようってか?www


    バツイチ
    どっかのハードはPCからの移植が容易って言われてて
    PCからそのまま落とし込んでみたら10fpsでしか動作しなかったってなwww


    ノルドの漢
    当たり前だけど、RPGツクールとはレベルが違うな。
    このゲームで作ったソフトを売るメーカー出てくんじゃねーか?
    インディ系とか...あっ!!
    インディ系でバツイチからソフト出せないメーカーのソフトって
    これで全部作れるレベルなんじゃね?
    特に、5GBじゃ足りねえって言ってた
    債務超過4でパズル作ってるインディメーカーのソフトとか!



    “Game Critics Awards Best of E3 2013” で「Titanfall」が6冠!!やっぱりこれやりてえ!!

    • 2013.07.03 Wednesday
    • 16:44
     「Titanfall」

    先日、全15部門のノミネート作品をご紹介した「Game Critics Awards」の“Best of E3 2013”ですが、先ほど海外の大手メディア30社が参加し選出した各部門の受賞作品が発表され、6部門にノミネートされていたRespawn Entertainmentの新作シューター「Titanfall」が総合ベストである“Best of Show”を含む6冠に輝いたことが明らかになりました。

    この他、Oculus RiftやWatch Dogs、The Elder Scrolls Online、Transistorといった今年の豊かなラインアップを体現する作品やプロダクトが並んだ部門別の結果は以下からご確認下さい。

    Best of Show

    「Titanfall」

    Titanfall
    (Respawn/EA for PC, Xbox 360, Xbox One)

    Best Original Game(ベストオリジナルゲーム)

    Titanfall
    (Respawn/EA for PC, XBox 360, Xbox One)

    Best Console Game(ベストコンソールゲーム)

    Titanfall
    (Respawn/EA for PC, Xbox 360, Xbox One)

    Best Handheld/Mobile Game(ベスト携帯/モバイルゲーム)

    「Tearaway」

    Tearaway
    (Media Molecule/SCEA for PSVita)

    Best PC Game(ベストPCゲーム)

    Titanfall
    (Respawn/EA for PC, Xbox 360, Xbox One)

    Best Hardware/Peripheral(ベストハードウェア/周辺機器)

    Oculus Rift
    (Oculus VR)

    Best Action Game(ベストアクションゲーム)

    Titanfall
    (Respawn/EA for PC, Xbox 360, Xbox One)

    Best Action/Adventure Game(ベストアクションアドベンチャーゲーム)

    「Watch Dogs」

    Watch Dogs
    (Ubisoft Montreal/Ubisoft for PC, PS3, PS4, Xbox 360, Xbox One, Wii-U)

    Best RPG(ベストRPG)

    「The Elder Scrolls Online」

    The Elder Scrolls Online
    (Zenimax Online/Bethesda Softworks for PC, PS4, Xbox One)

    Best Racing Game(ベストレーシングゲーム)

    「Need for Speed: Rivals」

    Need for Speed: Rivals
    (Ghost Games/EA for PC, PS3, PS4, Xbox 360, Xbox One)

    Best Sports Game(ベストスポーツゲーム)

    NHL 14
    (EA Canada/EA Sports for PS3, Xbox 360)

    Best Strategy Game(ベストストラテジーゲーム)

    「Total War: Rome II」

    Total War: Rome II
    (Creative Assembly/Sega for PC)

    Best Social/Casual(ベストソーシャル/カジュアルゲーム)

    「Fantasia: Music Evolved」

    Fantasia: Music Evolved
    (Harmonix/Disney Interactive for Xbox 360, Xbox One)

    Best Online Multiplayer(ベストオンラインマルチプレイヤー)

    Titanfall
    (Respawn/EA for PC, Xbox 360, Xbox One)

    Best Downloadable(ベストダウンロードタイトル)

    「Transistor」

    Transistor
    (Supergiant Games for PC, PS4)

    ソースhttp://doope.jp/2013/0728452.html


    ノルドの漢
    これPS4にでねえかなあ


    バツイチさん
    これはうちの独占なんででません!


    PS4
    時限独占でしょ?
    バツイチさん日本での発売来年でしょ?
    その頃は時限独占切れてたりしてw



    マインクラフトが肌に合わないと変人呼ばわれされそう...

    • 2013.06.30 Sunday
    • 15:14
     「Minecraft: Xbox 360 Edition」

    先日、PCとMac版の1,100万本販売突破が報じられたMojangの人気タイトル“Minecraft”ですが、先ほど4J Studiosが「Minecraft: Xbox 360 Edition」の販売が遂に700万本を突破したと発表しました。

    なお、“Minecraft: Xbox 360 Edition”は今年3月末に600万販売突破が報じられていることから、およそ3ヶ月で100万本の販売を達成している計算となり、発売から1年が経過した今も全くその勢いを落としていない様子がはっきりと感じられます。

    また、5月上旬にはモバイル版“Minecraft: Pocket Edition”の1,000万本販売突破が報じられており、前述したPC/Mac版のマイルストーン到達を併せて、いよいよ累計販売3,000万本突破が現実として接近していると言えるのではないでしょうか。

    Xbox Oneローンチ後に発売される“Minecraft: Xbox One Edition”を含め、今後どこまで販売を伸ばすのか、改めてシリーズの動向に注目が集まるところです。

    ソース http://doope.jp/2013/0628442.html


    ノルドの漢想
    流行に乗って遊んでみたのですが、さっぱり面白さがわかりませんでした。
    で、それを言うと変人扱いされそうだったのでだまっていたのですが...
    このゲーム、全然肌に合いません。


    安いと思ってノリで買ってしまって後悔してます。

    体験版で一度プレイする事を超絶お勧めします。


    マインクラフトが肌に合わないと変人呼ばわれされそう...

    • 2013.06.30 Sunday
    • 15:14
     「Minecraft: Xbox 360 Edition」

    先日、PCとMac版の1,100万本販売突破が報じられたMojangの人気タイトル“Minecraft”ですが、先ほど4J Studiosが「Minecraft: Xbox 360 Edition」の販売が遂に700万本を突破したと発表しました。

    なお、“Minecraft: Xbox 360 Edition”は今年3月末に600万販売突破が報じられていることから、およそ3ヶ月で100万本の販売を達成している計算となり、発売から1年が経過した今も全くその勢いを落としていない様子がはっきりと感じられます。

    また、5月上旬にはモバイル版“Minecraft: Pocket Edition”の1,000万本販売突破が報じられており、前述したPC/Mac版のマイルストーン到達を併せて、いよいよ累計販売3,000万本突破が現実として接近していると言えるのではないでしょうか。

    Xbox Oneローンチ後に発売される“Minecraft: Xbox One Edition”を含め、今後どこまで販売を伸ばすのか、改めてシリーズの動向に注目が集まるところです。

    ソース http://doope.jp/2013/0628442.html


    ノルドの漢想
    流行に乗って遊んでみたのですが、さっぱり面白さがわかりませんでした。
    で、それを言うと変人扱いされそうだったのでだまっていたのですが...
    このゲーム、全然肌に合いません。


    安いと思ってノリで買ってしまって後悔してます。

    体験版で一度プレイする事を超絶お勧めします。


    TITAN FALLのメカニカルデザイナーが嬉しそうに作中に登場するメカについて語る動画が公開されました!ほほえましい。

    • 2013.06.30 Sunday
    • 14:33


    ノルドの漢想
    英語は苦手なので何を言っているのかほとんど解りませんが、


    このデザイナーさんがいい仕事できたんだなってのは、


    彼の顔をみて解りました。


    ゲームバランスがよければとても面白い作品になることでしょう。



    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM